Profile

Planner

後藤 紗也佳 / Planner
(2015年中途入社)

大手インターネット企業にてデザイナーとして、サービスのLPや動画編集、キャラクター制作など様々なデザインを担当。その後、美容系のCGMサービス運営企業にて、メインサービスのUI改修・有料会員機能などを担当後、クリエイティブディレクターとして社長直下でスマホサイトのリニューアルを担当。 世界中の人々にHappyな体験を提供することを目指し、デザイナーとしてRettyへ2015年参画後、現在はプランナーへ転向し、プランニングやUI設計を担当している。

01

「デザインの力」を大事にしているRettyを選んだ

Sayaka Goto

ーRettyに入社するまでの経歴を教えてください。

私は「自分の手で、ひとりでも多くの人の生活に便利・幸せを届けたい」という想いから、デザイナーとしてキャリアをスタートさせました。デザインの専門学校に通った後、大手アフィリエイトサイトの会社に入社し、サービスのLPや動画編集、キャラクター制作など様々なデザインを担当しました。その後、サービスの課題に共感しユーザーさんをより近くに感じられるプロダクトに携わりたい気持ちが強くなり、美容系のCGMサービスを運営しているアイスタイルへ転職しました。メインサービスのUI改修などを担当後、クリエイティブディレクターとして社長直下でスマホサイトのリニューアルを行いました。
その後、世界中の人々にHappyな体験を提供したい気持ちが強くなり、Rettyにデザイナーとして入社しました。その1年後にプランナーへ転向し、現在はプランニングやUI設計を担当しています。

ーなぜデザイナーとしてRettyを選ばれたのですか?

前職から転職をする際、ありがたいことに様々な企業さんにお声がけいただきましたが、最終的に選んだのはRettyでした。
Rettyを選んだ理由は、大きく3つありました。「一緒に働くメンバー」「ユーザーHappy中心の開発」「クリエイティブの力を大事にしていること」です。
「クリエイティブの力を大事にしている」と感じたのは、サービス設計がデザインドリブンでスタートすることがあるところです。まずは、理想の体験を形にして、使ってみて、追加・削ぎ落とす・変更など検証を繰り返し、定性・定量のデータを反映していきます。このように理想系を描きながらサービスを作ることができる環境はなかなか無いので、ワクワクしました。是非私もその中でメンバーと共にサービス成長に貢献したいと強く思いましたね。

02

海外でのヒアリングで気づいた「人」に向き合う面白さ

Sayaka Goto

ーRetty入社後、デザイナーとしてどんな仕事をされましたか?

Retty入社当時はアプリ・WebのUIデザインを担当しました。要件定義段階から参加し、ブレストしながらデザインを作り、リリース後もすぐに結果を反映するなど、ブラッシュアップの繰り返しでアプリは常に最適化されていきます。
アプリ投稿のキャンペーンではデザイン変更したことで、キャンペーン参加者が大幅に増加した時はデザインの影響力とやりがいを感じました。オフ会でユーザーさんに実際にお会いする機会も多く、定性的な意見を気軽に聞ける理想的な環境です。

ー前の会社と比較してRettyの特徴はありますか?

前職は少し規模が大きかったので、Rettyに入社してベンチャーならではのスピード感はとても感じていました。 リーンスタートアップの開発手法を取り入れ、常にスピードと品質を意識し目標を追っていますね。
良いと思うものはなんでも取り入れてみようというスタンスなので、最新のツール・開発手法・デザインなど自分次第で何にでもチャレンジできる環境は大きな違いだと思います。
あと課題発見・企画の段階から参加してデザインができるため、本質的なアウトプットを出しやすいです。

ーいまはプランナーとして活躍されていますが、どんなきっかけで転向されたんですか?

スマホWebのリニューアルリードを担当した際に、「リニューアル後どんな状態であれば、ユーザーさんが満足できる体験をお届けできるのか」をすごく考えました。その答えを出す為に、マーケット調査・ユーザー分析を行い、より「体験を考えること」を深めたくなる気持ちが強くなっていきました。

プランナー転向の決め手になったのは、Global版の開発での現地ヒアリングです。
環境・文化の違いを超えても、人間のニーズに共通点がある事を実際に間近で感じた時に、より体験を作る事を突き詰めたいと思いました。貴重な体験であり、自分が進みたい道が明確になった瞬間でした。

最近では様々なサービスが全世界で使われていて、Rettyもそんなアプリに成長させたいと強く思っています。そのためには、アプリの体験を初期からプランニングしたい。自分の強みである「デザイン力」を生かしながら、プランナーとしてサービスリードしていこうと決めたのです。

03

肩書や職能に縛られないRettyの環境

Sayaka Goto

ーRettyで今、働くことの面白さはなんでしょうか?

ユーザーの課題・ニーズが多様で深いことは面白みのひとつだと思います。
私はRettyはただの飲食店検索サービスではないと考えています。
外食には色々なストーリーがあります。美味しいものを食べたいだけでなく、一緒に行く人を喜ばせたいという気持ちや、過ごす時間を大切にしたいなど、様々な想いでお店を探しますよね。様々なシーンのHappyな飲食体験を創造していけるのはRettyならではだと思います。

また、肩書や職能に縛られない環境も面白いです。Rettyは役割によって柔軟にチャレンジできるので、私のようにデザイナーから別の職種へ途中でチャレンジすることも可能です。

Rettyは、メンバーひとりひとりに大きな裁量権があるので、新卒でもどんどんチャレンジできる環境です。裁量権がある分、意思決定力は鍛えられますね。フィードバック文化も根付いているので、スキルや経験があるメンバーから適切なアドバイスをもらえますので、とても成長できる環境ですよ。

04

素直でやりきってくれる人と働きたい

ー最後に、Rettyにはどんな人が向いているか、教えてください

基本的にスキルより、考え方・やりきり力などを重視しています。素直に意見を取り入れられる人なら必ず成長できる環境です。実際に経験のないメンバーの入社実績もありますが、数ヶ月で即戦力となってくれています。

あとは難しい課題に挑戦することにワクワクする人は向いていると思いますね。
想いがあれば動機はなんでもOKです。自分達の力で世界を変えたい、変化をおこしたいと思っている人は、一緒に価値を創っていきませんか?多くの方にお会いできる事を楽しみにしています!